集団塾のデメリット

個人に合わせた授業ではない

集団塾は授業形式であるので、授業中になにか分からないことがあっても質問をするのが難しいのがデメリットです。仮に塾の先生が授業中に「何かわからないことがある人は手を上げて言って下さい」と言ってくれても、静まり返った教室で他の生徒が誰も質問していないなか、堂々と手を上げて質問があると言える人は少ないでしょう。授業が終わったあとに先生に個人的に質問をしに行ってもいいですが、先生が次の授業があったり、すぐ帰ってしまったりすると、結局質問できずにわからないまま放置してしまうことが多いのです。一対一ならばすぐにわからないことを解決できるけど、それができないのがデメリット言えるでしょう。

学力が違う子供同士が集まっているので人によって、習熟度が異なるのですが、授業は習熟度に関係なく進んでいくのも集団塾のデメリットです。

サボりやすい環境にある

個人塾なら先生と生徒が一対一の関係なので、授業を休んだりすると次の授業の時に先生に事情を聞かれたりするので、なかなか休めないですが、集団だと一人が休んだところで文句を言う人はいないので、ついなんとなく今日は行きたくなかったからと、簡単に休んでしまいがちになる恐れがあります。欠席しないとしても、授業中に先生が話すのを一方的に聞いていることが多くなるので、ついついお絵かきや考えごとをしてしまうなんてこともあります。教卓に居る先生はそういったサボり行為に気付きにくく、なかなか注意されません。

周囲に友達がいるので、友達とおしゃべりをしてしまう人もいるようです。このように、集団塾は家庭教師や個人塾と違って若干サボりやすい環境にあると言えるでしょう。

© Copyright Type And Characteristics. All Rights Reserved.